社会福祉法人 明蓮会|のぞみ保育園・めぐみ保育園

>
>
基本理念

 

基本理念

命を育み ともに育つ子ども

生命の尊さを感じ、素直に感謝のできる子どもを育む

乳幼児期は生涯にわたる人間形成の基礎を培う時期であることを思うとき、すべての子どもは人格を尊重され、わけへだてない平等で深い愛情のもとで育てなければならなりません。自分らしく生き生きと豊かに生きていくことができるように、愛情と信頼関係を基盤として乳幼児期に好奇心いっぱいにあそび、遊びの中で体験するさまざまな出来事を通し、心情・態度・意欲など「生きる力」を育む保育をめざしています。

保育目標

遊びを通して、人としての土台をつくる保育一人ひとりとみんな一緒

保育方針
しなやかで たくましい子ども

基本的生活習慣の自立や、日常のさまざまな活動に意欲的に挑戦し、体を動かして遊ぶことで、心身ともに健やかな子どもに育つよう支えていきます。

思いやりのある優しい子ども

幼児期に好奇心いっぱいに遊び、遊びの中で体験するさまざまな出来事を通し、人との関わりや援助を得ながら思いやりや道徳性の芽生えを育んでいきます。

感性豊かで意欲的な子ども

一人一人の発達にそった応答的環境の中で、五感(見る・聞く・味わう・触れる・嗅ぐ)体験を大切にする生活が、集団の中での自己主張や友だち関係を広げていこうとする心を育てます。

園と保護者・地域社会との連携を大切にする

子育てと仕事の両立支援に努め、また食事や栄養、保育に関してのおたよりや保育のトピックスの掲示等、日々の子どもや園の様子を情報発信していくことで保護者の保育参加を促し、園と家庭との関係をよりよいものになるよう取り組んでいます。